第三十二回 住職コラム掲載しました

「どの様な形であれ、遺骨を納める場所は必要です」